ゴールキーパー育成プログラム DVD 園部大介 練習 上達法

ゴールキーパー上達のポイント

GKは、サッカーにおいて他とは違う特殊なポジションです。
ここでは、そんなゴールキーパー上達のポイントを解説しています。
参考になれば幸いです。

ゴールキーパー上達のポイント記事一覧

ゴールキーパーは、メンタル面も大切ですね。他のポジションは、ミスをしたとしてもあまり失点に繋がることはありませんが、GKのミスは直接ゴールに繋がります。ゴールキーパーは、フィールド中で最もプレッシヤーがかかるポジションですので、試合前のメンタルの準備はしておくべきです。例えば、前回の試合でキーパーの股間をすり抜けたような失点は、どうしても落ち込んでしまうものです。ですが、いつまでも引きずっていては...

ゴールキーパーはまず、ボールの扱い方を体得しないといけません。現代サッカーでは、GKも11人目のフィールドプレイヤーとされており、手と同じくらいに足でもボールを扱えるようになる必要があります。ショートやロングパスが上手く出来るようになるのはもちろん、ボールコントロール能力も必要ですね。そして、練習でも、GKのバックパパスの処理する練習なども取り入れることも必要です。フィールドの選手が、ボールを出す...

ゴールキーパーのセービングの良い練習法を見つけました!ベガルタ仙台宮崎キャンプ↓↓サッカーでの試合では、キーパーは予期せぬ状況に遭遇することは良くあります。飛んでくるボールもカーブしてきたり、ボールが味方選手に跳ね返ってきたり、GKのとっさの状況判断が求められる場面は試合の中で数多くありますね。体重が乗っていない足を素早く反応させクリアするなど、瞬時の状況判断をしなければいけないこともあるでしょう...

ポジショニングは、現在の置かれている状況でのベスト立ち位置はどこなのか?これが分かることで、シュートコースをカットすることが出来るようになります。そして、ポジショニングは基本動作があります。ボールとゴールを繋いだラインに入ることと、そのライン上をボールに向かって移動することです。このポジショニングの基本動作をすることで、相手がシュートが打てるコースを可能な限り狭くすることが出来ます。つまり、ボール...

クロスボールの対応(処理)が上手く出来ていますか?基本的には可能であるならばGKが対応するのがベストですね。ですが、ボールも人も動いており、経験に基づく瞬間的な判断が要求されます。また、クロスボールが上がった時には、相手もゴール前に突っ込んでくるのでボールはもちろん、相手の動きに対しても注意を払う必要があります。そして、クロスボールに対して一番先の最も高い位置で対処をすることが大切です。近距離から...

現代サッカーではゴールキーパーはルール変更により、バックパスが手で扱えなくなり手でボールを処理するだけでなく、足でも上手く処理できないといけなくなってきましたね。これは単に、ショートパスやロングパスが上手く出来るようになるということだけではなく、ボールコントロール能力も求められているということです。つまり、足でのボールコントロールの正確性が必要になってきています。ゴールキーパーにフィールドプレーヤ...

ペナルティキックをいかにセービングするかは、サッカーの勝敗において非常に重要なことですね。1対1の状況のペナルティキックは、ゴールキーパーはもちろんですが、相手のキッカーにも相当なプレッシャーがかかっています。特に試合が均衡していればしているほどプレッシャーは大きくなります。そして、ペナルティキックには、主に2つの基本となるテクニックがあります。一つは相手との駆け引きをする、もう一つは立ち位置から...

相手選手がディフェンスを抜き、ゴールキーパーと1対1の状況になった場合の対応が上手く出来ていますか?1対1の状況でのセービングには冷静な判断が必要になり、GKがその状況を守りきれた時は、チームの雰囲気が盛り上がるのはもちろん、チームの仲間からの信頼を得ることが出来ますね。ですが、その判断はとても難しいものです。飛び込んだほうがいいのか、相手の出方を見るのか、どう対応すればいいのかとっさの判断も必要...

パンチングが上手く出来ていますか?どのようにやればいいのか、いまいちイメージができないという人も多いかもしれませんね。ですが、相手が2人以上で攻めて来た時など、状況によってはキャッチせずにパンチングをすることも危険回避の為には必要になってきます。実際にキーパーがファインセーブをする時は、そのほとんどがパンチングです。基本は、両手を合わせるようにして、中指と人差し指の間の指の第2関節でボールを弾くよ...

フリーエリア内でやその周辺でフリーキックを相手に与えた場合には、ゴールキーパーはどのようにディフェンスすればいいのでしょうか?まず、GKが考えなければいけないのは、シュートコースを断ち、直接シュートをされないようにする必要がありますね。その為には、ゴールの中央にGKがポジショニングをとり、ボールが見えなくならないように壁をを作ります。したがって、ゴールの一部分だけをGKはカバするようになるというこ...

サッカーのPK戦で大切なのは、5本中の1本は確実にセーブすることです。そして、GKのPK(ペナルティキツク)での心構えとしては、最後までキッカーの動きを良く見ることで、焦って飛ぶ必要はありません。ですが、どうしても気持ちが高ぶって「絶対に止めてやる」と気持ちばかりが先行してしまいがちになりますが、冷静な判断が最も大切です。気持ちを落ち着かせて、相手がボールを蹴る最後まで動きを見て対応することで、止...

フィスティングが上手く出来ていますか?例えば、浮き球など片手でのパンチングでもボールに届かない時には、思い切り腕を伸ばして、指の先を使ってボールに触れるフィスティングで処理する必要も出てきますね。フィスティングは、パンチングの要領で手は握らずに、指を伸ばして、人差し指と中指の指先を使ってボールにタッチして、コースを変えてゴールから遠ざけるようにします。自分の右から来るボールに対しては右手を使い、飛...

ディフレクトでの対応が上手く出来ていますか?キャッチ出来ない時、ぎろぎり手が届くボールに対しては、手のひらや甲でゴール枠の外へ何とか触って逃れなければいけません。このようなサッカーのゴールキーパーが手のひらや甲を使って、ボールをはじいてコースを変える技術がディフレクティング(ディフレクト)です。当然ですが両手を使うよりは、片手のほうが高く、遠くのボールに手が届かせやすくなります。いずれにしても、ぎ...

カウンター時の味方との連携が上手く出来ていますか?ゴールキーパーからのボールが攻撃の第一歩と言われるように、カウンターを狙うなら味方が受けやすいボールを素早く送る必要がありますね。また、キックするよりもスローイングでパスを出した方がより正確なボールが送れます。とは言え、キックに比べれば遠くの味方に送ることは難しいと思うかもしれませんが、ペナルティーエリアをいっぱいに使えば、スローイングでもキックに...

コーナーキックでのポジショニングがしっかり出来ていますか?GKはよくゴールを守る最後の砦とも言われますが、適切なポジショニングで構え、チームメイトと協力しあって失点を未然に防ぐことが大切ですね。そして、コーナーキックの際には、ゴールキーパーは死角を作らないように構える必要があります。コーナースポットに向かい合うのではなく、斜めに角度をとって構え、視野を広くとってファーサイド(自分から遠いポスト)に...

基本のセービングのやり方を知っていますか?まずセービングで大切になってくるのが、ダイブする方向ですね。飛んでくるボールに対して自分がダイブする方向は、真横ではなく斜め前。例を挙げると、ゴールを背にしている場合ならゴールラインと平行に跳ぶのではなく、ラインから離れるように斜め前に跳ぶようにすることです。そうしないとシュートをがっちりセ―ブすることができないんですね。真横に跳んでしまうと、それだけボー...

コーチングが上手く出来ていますか?サッカーのゴールキーパーというポジションは、単にキャッチングやパンチング、デイフレクティングなどのセーブの技術はもちろんのこと、味方ディフェンスに的確な指示を出すコーチングが求められますね。例えば、相手のフリーなっているフォワードにマークをつけたり、ディフェンスのポジショニングを指示して、シュートコースを消したりするといったことをスムーズに出来れば、敵にシュートを...

あらゆる方向や角度、高さが飛んでくるシュートに反応出来ていますか?サッカーのゴールキーパーは反射神経もさることながら、反応から素早く身体を動かすことが出来る構え方が、セービングには必要になりますね。そんなゴールキーパーの基本の構え方は、足は肩幅もしくはそれよりやや広いくらいの自然な足幅で立ち、膝は軽く曲げ前に重心をかけるようにすることが大切です。このように構えることで、速いシュートにも素早く腕を伸...

バウンドボールのキャッチングが上手く出来ていますか?ゴール前でバウンドするボールは、後ろに逸らしたり、振れたとしてもキャッチしにくく、弾いたこぼれ球を相手に拾われピンチを招くこともありますね。サッカーのゴールキーパーにとって、このようなゴール前でバウンドするシュートは、キャッチミスをしやすいので、正しいキャッチング技術を身につけておく必要があるでしょう。バウンドするボールのキャッチングのポイントと...

ドリブルでディフェンスラインを突破された際の対応の仕方はどのようにしていますか?この時の間合いは、ボールに飛びこめる距離でもありますね。こうした相手にドリブルで1対1の状況に持ち込まれたら、まずシュートコースを狭めることを考えなければいけません。ゴールライン付近にポジションをとっていると、相手にシュートコースを与えることになってしまうので、前に出て、シュートを打てる角度を狭めるようにすることが大切...

至近距離からのシュートを打たれる前のポジショニングはどのようにしていますか?サッカーのゴールキーパーのポジショニングの基本は、ボールの位置とゴールの中央を結ぶライン上で構えることですね。そして、相手が至近距離からスピードのあるシュートを打ってくる場合には、いくらボールに反応する速い選手でも間に合いません。その為、重要になってくるのがシュートを打たれる前のポジショニングです。その為、左右どちらにシュ...

エリア外からのシュートに上手く対応することが出来ていますか?サッカーでペナルティエリア外からの長い距離から打たれるのがミドルシュートですね。このようなエリア外からのシュートは、相手との間合いを詰めることが出来ないですし、パスやドリブルをしてくる可能性もあるので、対応が難しくピンチを招きやすいものです。このような場合でのゴールキーパーに大切になってくるのが、ボールの動きに合わせてポジションを変えるこ...

グラウンダーのクロスの対応が上手く出来ていますか?サイドからボールを入れてくるクロスは、サッカーのオフェンス側の有効的なプレーですが、その中でも、低い軌道でボールを転がすようにペナルティエリアに蹴り入れられるグラインダーのクロスは、特に注意が必要ですね。何故なら、蹴り入れられるボールにもシュートのようなスピードがあり、足に合わせられてしまうと、どうすることも出来ないまま失点してしまうからです。また...

精度の高いロングパスが出来ますか?相手チームが高い位置からプレッシャーかけてくる時などは、センターバックあたりまでボールを奪いにくることがありますね。そういった場面では、味方が相手のプレスかを回避する目的でバックパスがくることもあり、そうした時にはゴールキーパーは飛距離の長いキッウで安全なところまでクリアしなければいけません。また、相手のプレッシャーなどの状況を見て、コントロール出来る時間があるよ...

サッカーのゴールキーパーは、得点をリードしている状況でボールをキャッチできる権利を得た時には、ボールキープして時間を稼ぐことがセオリーですね。ルールでは、味方からスローインやバックパスで意図的に足を使って出されたパスでなければ、手でボールを掴むことが出来ます。ですが、キャッチして6秒以上手で保持してしまうとルールに反するので、まずはトラップして体の近くにボールを置いて、敵が近づいてきたところでキャ...

ゴールキーパーが前方の味方にパスを繋ぐプレーをフィードと言いますね。最近はパスを繋いで攻め込むという戦術を用いるチームも増えてきたことから、ゴールキーパーがショートパスを用いて短い距離のフィードでディフェンスラインにボールを出すのをよく見かけるようになりました。ですが、ゴール前から高く長いボールを蹴るプレーであるロングフィードをすべき場面でも、何も判断せずに短く繋いでしまってチャンスを潰してしまっ...

ダイビングキャッチが出来ますか?サッカーのゴールキーパーは、通常のステップでは対応出来ないゴールの上隅のスピードのあるシュートなどに対しては、横っ飛びしてのダイビングキャッチをする必要があります。上手くキャッチング出来れば攻守の切り換えになる好セーブになりますね。この時には、最短距離でボールを掴めるように斜め前に飛ぶようにするのがダイビングキャッチのコツで、普段からそのように意識を持つて行うことで...

片手でのパンチングが上手く出来ますか?サッカーの試合では、片手でのパンチングをする機会も多く、両手で間に合わなかったり届かない場合には、確実に片手でクリアする技術が必要になります。特に、センターリングなどで密集地帯にクロスボールが上がってくるようなケースでは、より早くボールに手が届く片手でのパンチングが効果的です。また、この時には相手フォワードの競い合いになるので、空いているクリアしない逆側の腕を...

ロングスローに上手く対処できていますか?中距離のスローインで入れることが出来るロングスローは、クロスを入れらくらい危険ですね。特に深い位置まで投げ込まれてしまうと、相手にヘディングシュートに持ち込まれてしまう可能性も高くなってしまいます。これを防ぐ対処の仕方としては、ニアに立ってポジショニングし相手フォワードを抑え込んでおく必要があります。それには、ゴールキーパーがロングスローを投げ込まれる前に見...

サッカーのゴールキーパーは、ポジションを意識しながらゴール前で位置取りすることが大切です。ポジショニングのセオリーは、既にお伝えしましたが、ボールのある位置とゴールの中心を結ぶ線上でしたよね。例えば、至近距離からのスピードのあるシュートを蹴られては、いくら反射神経が優れていて反応速度があったとしても間に合いません。その為、ポイントになるのはシュートを打たれる前のポジションになり、手が届く位置取りが...

サッカーのハイボールの中でも、サイドからゴール前の選手を目掛けて蹴り込まれるクロスボールは、より防ぐことが難しくなりますね。ですが、ゴールキーパーはフィールドの11人の中で唯一手を使うことができ、空中でのプレーの有利さを生かして活躍できるかが、守備力に大きく影響してきます。そして、クロスボールでの対応する為の移動は、横向きで足を交差させて進むクロスステップを踏んで、落下地点に合わせることが大切です...

ビルドアップに参加していますか?サッカーでは攻撃を組み立てることをビルドアップと言いますが、マイボール時にどのようにプレーするかは、現代サッカーのゴールキーパーにとって非常に重要な能力です。何故なら、GKも11人目のフィールドプレイヤーとされ、基本的には最後尾でフリーになっているので、ビルドアップに参加できれば、後方で数的優位が作れ、パスを回し続けることが出来るからです。例えば、ボールを持った選手...

ゴールキーパーの最大の見せ場といえば、シュートストップさせること。誰もが決まったと思うようなシュートをキャッチしたり、ぎりぎりのところで触って弾き出すというようなスーパーセーブに憧れてサッカーのゴールキーパーになったという人もいるのではないでしょうか。ワールドカップなどのテレビのハイライトなどでも、GKのセービングが良く取り上げれていますよね。そして、キャッチするにしても、弾くにしても意識すべきな...

サッカーのゴールキーパーは、クロスボールのポジショニングが大切になると思います。特に中学生でクロスのタイミングが分からいという選手も多いですからね。ですが、サイドからボールを入れて、ディフェンスをマークする選手とボールに分散させるようにさせて、ゴールを狙うクロスは、攻撃側の有効なプレーです。試合では、何度もそのような状況になるので、クロスを出す選手の位置やボールのコントロール、球種、スピードなどに...

page top